シンガポールの元野良猫チビと、猫飼い始めての飼い主との暮らしです

[保護3週間] 家猫生活も、パターン化してきました!

10月23日、チビを保護してちょうど3週間経ちました。
最初の3日は家庭内野良猫になってしまうのではないかと、私自身もハラハラドキドキ、迷走してしまいました。
しかし、「チビは大丈夫!」と腹をくくってからは、チビもどんどん家猫生活に慣れてくれ、私もチビのことがだんだんわかってきて、猫ライフを存分に楽しむことができています♪

むしろチビが慣れ過ぎて、この子、野良猫だったこと覚えてないんじゃとか思ってますが(^-^;)

チビの、家猫生活

家に来た当初は、元野良猫ゆえに、完全に夜行性でした。
チビも不安で出てこれなかったと思うのですが、最初の頃は、昼間は全く出てこなかったので、「本当にこの家の中に猫がいるのだろうか?」なんて思ったり(笑)

そんなチビも、今では家猫生活を満喫し、かなりパターンができて来ました(*^-^*)

朝は、プルにゃ~!という、テンションの高いチビに起こされます。
ご飯とトイレを済ませ、テンションが高いチビ。
遊んだり、家事したりして、午前中が過ぎていきます。

明るい時間のお澄ましチビ

明るい時間のお澄ましチビ

チビ、遊ぶ?

お気に入りのボールでお誘い♪

お気に入りのボールでお誘い♪

お昼近くなると、本気寝をしたくなるチビは、たいていソファとカーテンの間へ。

おやすみニャ

おやすみニャ

この間、私は買い物に出掛けることも。

午後3時ぐらいになると、買い物から帰って来た時の物音や、私の動く物音に反応して出てくるようになりました。

目が覚めたニャ

目が覚めたニャ


 
出てきたチビをナデナデ

出てきたチビをナデナデ


 
満足すると毛づくろい

満足すると毛づくろい

ひとしきり満足すると、ソファとカーテンの間に寝に戻ります(*^-^*)
最近では、昼間、ダイニングの椅子の上で寝ることも。

ダイニングの椅子の上でも寝る率が増えました

ダイニングの椅子の上でも寝る率が増えました

また、夕方には、私がソファに座ると、横で寝るようになりました!

ブログを書きながら、チビの寝姿を堪能しています♪

ブログを書きながら、チビの寝姿を堪能しています♪


この寝姿が、だんだん崩れていくのを見ているだけで、幸せです(*´▽`*)

18時過ぎると、起きてきてごはん要求。
食べると満足してまた睡眠。
その間に、私は料理、ご飯、後片付けをします。

後片付けの頃には、目覚めたチビが、構ってもらうのを待っていることも。

まーだかニャー

まーだかニャー

夜は、私の脚の間に来たり。

一緒に寝てあげてもいいニャ

一緒に寝てあげてもいいニャ

夫がいない時は、タオルケットで寝たり。

おやすみニャ~

おやすみニャ~

もちろん、来ない時もありますが、ちょっと寂しく感じつつ、チビの好きなようにしてくれればいいと思っています(*^-^*)

以前は夜中にたくさん遊んでいましたが、最近は、夜中も(たぶん)けっこう寝ています。
寝床はあちこち移動しているようですが、早くも夜行性から変わってきて、改めて、チビの順応速度にビックリです^^

こんな感じで、保護して3週間。
チビは家猫生活を満喫してくれています!
私自身も、飼い主歴たったの3週間。
これからも、チビに快適に過ごしてもらえるよう、私もがんばっていきたいと思います(*^-^*)

オマケ。夫と3日ぶりの再会。

10月23日(金)の夜、火曜の朝から出張に行っていた夫が帰ってきました!
夫が帰ってきた瞬間のチビ。

だだだ、誰ニャ!?

だだだ、誰ニャ!?

めっちゃ動揺してます(笑)

でもすぐに、落ち着きを取り戻しました^^

思い出してきたニャ

思い出してきたニャ

その後は夫に興味津々。

何やってるニャ?

何やってるニャ?


隠れながらなところがまた可愛いです(*´▽`*)

↓ランキングに参加しています。応援に、ポチッとお願いします(*^-^*)
にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ
にほんブログ村

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でチビビな暮らしをフォローしよう!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近のコメント

アーカイブ

おすすめ記事

Twitter

Facebookページ