シンガポールの元野良猫チビと、猫飼い始めての飼い主との暮らしです

[保護2週間] 日本への帰国を考えて、マイクロチップと狂犬病の予防注射

10月17日、土曜日。
この日は2回目の動物病院でした。

動物病院は、前回と同じMount Pleasant Animal Clinic East
予約済みなので、待ち時間も短くて済みます(*^-^*)

当日の朝、部屋の中で自由に過ごしていたチビは、出掛ける時間の30分前に、お気に入りのソファとカーテンの間に行ってしまいました。
落ち着く場所から、無理やり出すのはイヤだなーと思っていたところ、「そろそろ…」と思った時に、チビが出て来てくれました!
空気を読んでくれる、良い子です(笑)

ヒョイっとチビを捕まえ、キャリーへ。
入れられるのは少し嫌がりましたが、押し込んだら抵抗せずに入ってくれました!
少しだけ、初日のような悲しそうな声で鳴きましたが、2、3分で落ち着いてくれました。
良かった、良かった(*´▽`*)

動物病院で、マイクロチップと狂犬病の予防注射

現在、私はシンガポールに住んでいますが、夫の駐在が終われば日本に帰国をします。
もちろん、チビも日本に連れて帰ります。
その為には、今から、日本にチビを連れて帰る準備が必要になります。

今回は、日本に連れて帰るために必要な、マイクロチップの装着と、狂犬病の予防注射のために、動物病院へ行きました。
 →動物検疫所ペットの輸出入

動物病院では、とても大人しくしていたチビ。
獣医の先生とご対面。

だ、誰ニャ!?

だ、誰ニャ!?

最初は、狂犬病の予防注射。

プスッ!

プスッ!

狂犬病の予防注射の針はとても細くて、全く痛くないそうです。

ん?今なにかしたニャ?

ん?今なにかしたニャ?

次はマイクロチップの装着。
注射でマイクロチップを装着するのですが、狂犬病の予防注射とは違い、針は極太。
チクッとした痛みがあるようです。

チクっとしたニャ(>_<)

チクっとしたニャ(>_<)


針を刺された瞬間、少し目をつぶったので、やはり少し痛かったのかもしれません。

お、終わったニャ

お、終わったニャ

動物病院でのチビは、暴れることもなく、鳴くこともなく、とても大人しかったです。
獣医の先生にも、「Very brave boy!」と褒められていました(*^-^*)

マイクロチップ装着したのはこのあたり。
最後に白い粉をかけられたので、ちょっと目立ちますね。

白い粉をかけられたので、少し目立ちます

白い粉をかけられたので、少し目立ちます

皮膚に穴が開いているので、ふさがるのに2日程かかるとのこと。
この辺をかかないように、気を付けてくださいとのことでした。
チビは、特に気にしていないようです(*^-^*)

その後のチビの様子

チビは家に帰って来てからは、寝室の部屋の隅でよく寝ていました。
いつもは寝ている時間に動物病院へ行って、疲れたのでしょう。

夜には起き出してきて、ダイニングの椅子の上へ。

ダイニングの椅子の上がお気に入り

ダイニングの椅子の上がお気に入り

膝に乗って来たり。

幸せ(*´▽`*)←私がですww

幸せ(*´▽`*)←私がですww

マイクロチップと狂犬病の予防注射をしましたが、特に体調も変化なく、安心しました!
来月は、混合ワクチンの予定です。
チビ、来月もがんばろうね(*^-^*)

↓ランキングに参加しています。応援に、ポチッとお願いします(*^-^*)
にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ
にほんブログ村

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でチビビな暮らしをフォローしよう!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近のコメント

アーカイブ

おすすめ記事

Twitter

Facebookページ